1945 -ICHIKYUYONGO-

1945 -ICHIKYUYONGO-

一つのテーマとして「1945」を掲げ、戦争の話はもちろん、日本の文化・風習、アンビリバボーな話、なんでもない日常の話、etc… リアルな1945年前後の話を全国各地のおじいちゃんおばあちゃんに聞きたい!聞きたくても聞くことができなくなってしまう日がやってくる前に、おじいちゃんおばあちゃんが体験した「1945」を、若者たち、子どもたち、未来へ伝達していきたい。

WEBサイト「1945」では、1945年を体験したおじいちゃんおばあちゃんの話を動画で掲載していきます(1本10分〜15分予定)。基本的に一般のおじいちゃんおばあちゃんの話を掲載していきますが、可能であれば著名人のインタビューも掲載していきたいと考えています。また、第一線で活躍しているアーティスト、クリエイターの方々や企業とともに、「1945」をテーマに、Tシャツやその他プロダクト、絵画、音源などを制作・販売し、WEBサイトの運営・取材活動に繋げていきたいと考えています。

さらに、WEBサイトの運営と同時に、インタビュー動画の上映会イベントを定期的におこなっていく予定です。イベントでは、移動映画館キノ・イグルー協力のもと、インタビュー動画の上映とともに「1945」にまつわる映画の上映、アーティスト、クリエイターによる生演奏、ライヴペイント、また、ご来場いただいた方が実際におじいちゃんおばあちゃんと対話できる場を設けたいと考えています。

WEBサイト「1945」の正式オープンは、2015年2月下旬を予定しています。「1945」の活動は、日本全国はもちろん可能であれば海外まで拡げていきます。様々な視点から「1945」を知ると同時に、おじいちゃんおばあちゃんが体験した「1945」を海外へ発信していくことも重要であると考えています。

Under the theme of “1945” among others, we would like to hear the real stories from old men and women in various regions in Japan about the war as well as Japanese culture and customs, unbelievable happenings and daily lives in those days around 1945. Before it is too late to hear the old people’s stories, we have to do something to make their experiences around 1945 to be handed down to young people and children and generations in the future.

Our web site called “1945” will introduce movies of stories told by old men and women who experienced the days around 1945. (One story is 10 to 15 minutes.) In general, stories of common people will be published but interviews with prominent persons may be introduced in some cases if possible. We also plan to produce and sell T-shirts and other goods, works of painting, music, etc. under the theme of “1945” in collaboration with outstanding artists, creators and businesses as a means to support active operation of the web site and activities to collect stories.

In addition to the web site, we are planning to hold events to show movies of these interviews to the public on a regular basis. In cooperation with a mobile movie theater, Kino Iglu, interview films and other movies in relation to “1945” will be shown. Furthermore, live performances and live paintings by various artists and creators will be presented in those events.

Formal opening of the web site “1945” is scheduled in February 2015. To learn about the days around “1945” from diversified viewpoints, we hope to archive as many stories as possible told by old people in many parts of Japan and in extended areas of foreign countries if possible.

POINT

1945、映像配信、レスポンシブデザイン

BIZ CATEGORY

ドキュメンタリー、インタビュー映像配信サイト

MATERIALS

Photoshop/Illstrator/html/css/jquery

2015年2月12日